This Category : 登山記録(日帰り)

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三俣山登山。

2010.06.07 *Mon
日付が前後しましたが・・・
オフ会の前日に登山してきました

登山シーズンの5月・6月ですが、もうすぐ梅雨入りしちゃいそうですね~
雨の日は絶対に登らないという旦那サンのポリシーのため、
せっかく買った高額レインウェアはまだ本来の威力を発揮する場がない・・・

今回は、九重連山のひとつ 三俣山 に登りました
長者原登山口から、車でさらに林道を進み、奥の駐車場へ
みんなもっと手前から歩いてるんだけど・・・
だってここにも駐車場あるって書いてあったもん
やまのぼラーのくせに、歩きたくないという矛盾しまくりの人たちです

駐車場からしばらく歩き・・・

mimata1.jpg

このゲートをくぐって登山道へ入ります
うぐいすや野鳥の鳴き声がして春っぽいね~

mimata2.jpg

三俣山は、その名のとおりどこから見ても三つの俣があり、峰が三つ見えます
が、実際は、本峰・南峰・北峰・西峰の4つの峰があります。
遠くから見たら、漢字の「山」そのものです

mimata3.jpg

<photo blogとなっております
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
スポンサーサイト
COMMENT : 10

宝満山登山。

2010.04.26 *Mon
先日、お天気がイマイチで中止になった 宝満山 へリベンジ登山してきました

いくつかルートがあるんだけど、
一般的である、正面の竃門神社から登るコースはひたすら石段だと聞いていたので・・・
裏側の提谷コースを登ることにしました

大宰府インターより市街地を抜け、飯塚方面へ行く65号線を走り、
本道寺という集落へ
登山口の標識に従い、すすむとつきあたるので手前に車を停めました

houm1.jpg

登山口の前には、れんげ畑
きれい~

houm2.jpg

ここから登り始めますッ
このコースは、沢登りです
一の滝、二の滝、三の滝などなど、滝がいくつも連続して出現

houm3.jpg

こないだの仰烏帽子の時も沢登りだったけど、
ルートは分かりづらいです
赤いテープを頼りに道をすすんでいきまっす

<photo blogとなっております
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
COMMENT : 8

高千穂峰登山。

2010.03.30 *Tue
先日の宝満山が中止になったので
今回が今年初の登山部活動となりましたっ
霧島の高千穂峰に登ってきました

大学の時、先生と一緒に霧島縦走したけど、
高千穂だけは登ってませんでした。

山江S.A.でいっちぃと合流
高原I.C.で高速をおり、223号線を通って高千穂河原へと向かいます。

ここには、霧島神宮が昔あったということで、今もその名残が残っています。
古くは、高千穂峰と御鉢と呼ばれる噴火口の間にあったものが、
噴火で被害にあい、この高千穂河原に再建されたそうです。

t1.jpg

鳥居の奥には、これから登る高千穂峰が見えます
準備&準備運動をして出発
ここは自然散策路にもなっていて、最初登山道と間違えてしまった・・・

鳥居をくぐり、登山道へと入って行きます

t2.jpg

自然散策路の道は、舗装されていて階段になってます
いつもこのビミョウな階段にヤラレるんだな~

t3.jpg

しばらく進むと、赤茶けた土・砂・岩まじりの道へと変わります。
さすが火山ですな

<photo blogとなっております
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
COMMENT : 10

仰烏帽子山登山。

2010.02.23 *Tue
一気に暖かくなりましたね
花粉キタ--!!!

昨日から、目かゆかゆの鼻ぐずぐずです
花粉症は治ったつもりでいたんだけど、気のせいだった
今朝も暖かかったですね
旦那さんがお弁当忘れてったので、お昼自分で食べました
暖かいとボーっとするのだろうか


今年初の登山行ってきました
冬山にトライする予定だったんだけど、装備が整わず&天候もあたたかかったし、
来シーズンに持ち越しとなりました

以前から、旦那さんのパパママにお誘いを受けていた仰烏帽子山(のけえぼしやま)。
熊本県の五木村・相良村に位置する、2月に黄色い福寿草が密集して咲くことで有名な山です
旦那さんのパパママと予定があわず、
登山部メンバーのHiroshiくん夫妻・いっちぃも来られなかったので、
今回は旦那さんと2人だけの登山となりました

前日飲み会だったため・・
遅くなって8時におうち出発
松橋I.C.から国道3号線を宮原まで、宮原から峠越えをして五木村へ入ります。
五木村の元井谷登山口、相良村の椎葉谷登山口から登ることができ、
メジャーなのは五木村の元井谷登山口です。
今回は、マイナーコースの相良村・椎葉谷登山口から登ることにしました
椎葉谷登山口までの林道が・・・
前回の祖母山の登山口までの林道に匹敵するか超えるくらいの悪路
いっちぃ号、来なくてよかったね・・・

noke1.jpg

登山口には、駐車場と仮設トイレもありました。
準備を整えて出発

しばらく登ると、こんな岩が

noke2.jpg

「牛の鼻ぐり岩」だそうです
一方の穴から入り、もう一方の穴から出てこられるようです

noke3.jpg

ヘッデン(登山用語でヘッドランプのこと)を装着し、ちょっと入ってみました
かなり泥で汚れそうだったので、奥にすすむのはやめときました

<photo blogとなっております
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
COMMENT : 8

妙見岳・国見岳・普賢岳登山

2009.11.26 *Thu
今年最後の登りおさめッBOON01
に行ってきました

長崎・雲仙にある妙見岳・国見岳・普賢岳です
熊本港からオーシャンアローに乗れば、30分で島原半島に着きます船

朝から出発したら、なんか乗船時間に間に合うのか?的なかんじに・・・ぞおお
ヒライでお弁当買うときにわーきゃーはしゃぎすぎたねぇ・・・
と反省何才だよ・・kao04
5分前に港に到着するも、すべりこみセーフで乗船できましたッ
お兄さんありがとう♪

オーシャンアローはすごくきれいで、
ラウンジ席みたいなのがあって、ゴージャス気分を味わえます

fugen1.jpg

あっという間に島原到着
ここから、仁田峠を目指して車を走らせます
仁田峠に入ると有料道路があるんですけど、
最近、無料になったらしくお金はいりませんでした

途中、あまりの景色のよさにテンション手書き風シリーズ矢印上
展望台に立ち寄りました

fugen2.jpg

熊本市内や山々が遠くに見えます。

fugen3.jpg

しかも今日は雲海がっ
今日はものすご~~~~くいいお天気で、
今年イチバンの登山日和でした晴れ
いやー。こんな日の登山なんて最高ッきゃー

仁田峠駐車場に到着。
車を停め、ロープウェイ乗りばの脇から登っていきます

fugen4.jpg

<photo blogとなっております
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
COMMENT : 2

祖母山登山。

2009.11.09 *Mon
今週もお山へ行ってきました
わたしと旦那サン・いつものHiroshiくん&Midoちゃん夫妻に加え、
いっちぃも参加
先日の市房山登山で靴を破壊されたいっちぃ
今回はおニュゥの登山靴で登場デス

日本百名山にも選ばれている祖母山
大分県・宮崎県にまたがる、標高1756mのお山です。

登山ルートがたくさんあり、
いろんなコースから登ることで、楽しむことができます。
わたしたちは初めて登るので、ひとまず最短で登ることができるルートを選びました

高森町を経由し、宮崎県の高千穂町に入ります
五ヶ所小学校を目印に行くと、
やがて北谷登山口の看板が現れます。
民家の並ぶ集落を抜け、林道へと入っていきます。

事前に調べてみたところ、
この登山口手前の林道がかなりの悪路ということで・・・
特に、いっちぃの車は車高の低いスポーツカーちっくな車
手前で置いていったほうがいいのでは?と思ったけど、行ってみることに

だんだん進むにつれ、離合できないような細いでこぼこ道に・・・
時速10kmも出せないぐらい、ブレーキをふみふみ進むこと30分・・・
車の底に、時折石があたってゴンッだの、ガリガリだの嫌な音がしました手書き風シリーズ矢印下
ある意味、登山よりも疲れる・・・かお

やっとの思いで?登山口到着
すでに10台ほどの車が駐車されてました。

sobo1.jpg

この北谷登山口から登るルートは、2つあります

sobo2.jpg

sobo3.jpg

岩場などはあまりなく、遠巻きに緩やかに頂上に登る千間平コース。
直線的な短距離で頂上に登る風穴コース。
わたしたちは、行きは風穴コース・帰りを千間平コースをとることにしました
登山届に時間を書き、準備運動をして10時20分に出発

sobo44.jpg


<photo blogとなっております
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
COMMENT : 10

韓国岳登山。

2009.10.13 *Tue
登山シーズンでございます富士山
やっぱり秋はいいですね~
ということで、しばし登山ネタが続きますがご了承ください

いつもの登山部メンバーにて、
今回は、宮崎県・鹿児島県にまたがる霧島連山の最高峰・韓国岳(1700m)に登ってきました
日本百名山のひとつです

えびの高原から、
韓国岳~獅子戸岳~新燃岳~中岳と縦走し、高千穂河原におりるルートがよく知られ、
わたしも10数年前に大学の先生と一緒に縦走しました
あのときは樹氷がおりていて、すごくきれいだったのを覚えてます

今回は日帰りなので、韓国岳のみ登りました

karak1.jpg

えびの高原の登山口に到着すると、
登山客・ハイキング客の車でぎっしり~
こないだの久住といい、やっぱ人気のお山は違いますな

9時すぎから登り始めました。
最初は、木で整備された階段状になってます

karak2.jpg

最後に写ってるのがワタシですが・・・
今回はスカート登山してみましたっ

最近、機能的でオシャレな登山ウェアも多く出てきてて女子には嬉しい限りっきゃー
もちろん、行く山の状況などに合わせて着ることが大切だと思います。
岩をよじのぼるところがある山なんかには着ていきませんしね。
賛否両論あるみたいですが、
マナーさえ守れば、山でもオシャレを楽しんでいいんじゃないかと思います

kara3.jpg

しばらく行くと、岩がごろごろした道に変わり、ちょっと歩きにくくなります。
展望が望めてすごくきれいです~

kara4.jpg

お花はあんまりなかったんですが、
唯一、アザミがたくさん咲いていました
やっぱり、お花があると癒されますね~ウインク

kara5.jpg

8合目を超え、もう頂上間近です
いやー、こないだの市房山と違って、早いっ
展望もいいし、気分爽快です

登り始めて1時間半ほどで頂上に到着ぅ~

kara6.jpg

前日、
マキシマムザホルモンの学園祭ライブに行ってきたんですけれども・・
その影響でメタルポーズをとっております
いやー、生ホルモンは最高でした
ナヲちゃんきれいな声だし亮くん迫力あるし上ちゃん細いしダイスケはんかわい~きゃー
ヘドバンしすぎて首が痛くなりましたがな
今度はぜひぜひライブハウスでたっぷり暴れたいッ手書き風シリーズ矢印上

話が脱線しました・・アップロードファイル

頂上では、
たくさんの人たちがお昼ごはんを食べてました~
わたしたちも、早速お昼ごはん

しかし、寒い寒い・・風が吹くと寒い~風
Hiroshiくんが毎回持ってきてくれてるバーナーちゃんが、もうかなり寿命に近く・・・
今日も最後の力を振り絞って、火を提供してくれていました
しかもガソリンだから、今までHiroshiくんには重い荷物を持ってきてもらってた訳で

後日、我が家もプリムスのガスバーナーを購入しました
これで次回から軽々と火がおこせます

kara7.jpg

kara8.jpg

頂上からは、高千穂峰まで一望できました
高千穂峰も、登ってみたいな~
目の前には大浪池が広がり、濃い緑色の水面がきれい~

今回は、頂上で素敵な出逢いがありましたッ
mixiのコミュでお話した、関西から来られた方とお会いできたんです
嬉しかったです~

男性陣はというと、今回楽勝だったため、その余力をオバカな写真撮影に使っておりました
見苦しくてここには載せられません

気づくとすでに1時間半も頂上で遊んでました
何してんだ・・

karak9.jpg

下りたら秋空が広がっていました~
気持ちいい登山でした

帰りに、霧島温泉へ
旅行人山荘さんで立ち寄り湯

硫黄泉と単純泉、2種類のお湯でした
湯の花がたくさんですごくあったまって気持ちよかった
森の中の貸切露天があるらしく、受付時間がもう終わってては入れなかったので、
ぜひいつか入ってみたいッにこ

10数年ぶりに登った韓国岳でしたが、
展望がよくてすごくきれいな楽しいお山でした
次は縦走したいな~


COMMENT : 12

久住山登山。

2009.09.22 *Tue
今回は、日本百名山のひとつ
大分県の久住山に登ってきました手書き風シリーズ矢印上

今回は、旦那さんのパパさん・ママさんも一緒です
パパさんは、若い頃登山部で、
槍穂高にも登り、日本アルプスを10日ぐらいかけて縦走したりしていたツワモノです
ママさんも、そんなパパさんと一緒に山登りしていたといいます。
最近は、パパさんが会社を退職してから、よく山に登っているみたい

シルバーウィークのど真ん中で、駐車場は8時半にもかかわらず車がいっぱい手書き風シリーズ42車
道路の脇に車を停めました。
今回は、牧ノ戸峠の登山口から登りました

kuju1.jpg

それにしても人が多いびっくり
こんなに人が多い山に登るのは初めてかもしんない

kuju2.jpg

最初は、舗装されたコンクリートの階段らしき道を登ります
けっこう勾配があってなかなかきつい

kuju3.jpg

この道が終わると一気に視界が開け、展望が望めます
きもちいい~
空もすっかり秋の空ですねぇ

kuju4.jpg

<photo blogとなっております
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
COMMENT : 10

市房山登山。

2009.07.21 *Tue
バレエの発表会も終わったので、早速山登りへ行ってきましたぁ~

今回登ったのは、熊本県人吉市水上村・宮崎県椎葉村・西米良村をまたぐ市房山
標高1722m。熊本県で2番目に高い山です

メンバーは、わたしとダーリン、
いつもの登山部メンバー・Hiroshi&Midori夫妻に加え、今回はサルサ仲間・いっちぃも参加
いっちぃは、以前湧蓋山登山にも参加しました~

登頂までに3~4時間ほどかかるらしいということだったので、
熊本市内を7時すぎに出発
高速にのり、途中、山江S.Aでいっちぃ号と合流、人吉I.Cで降りて40分ほどで水上村へ。
春は桜できれいな市房ダムを通り、キャンプ場方面へ登っていくと、
登山口へ到着。

9時半、登山開始です
市房山は昔より御岳と呼ばれて信仰されており、
4合目には市房神社があります
道を進んでいくと、神社の参道となっていて、
参道の両脇には樹齢1000年といわれる大きな杉の木がありました

ichi1.jpg

苔むした石、石段、木、全体的にしめっている空気、
以前登った英彦山みたいなかんじがしました

<photo blogとなっております
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
COMMENT : 16

太郎丸岳&次郎丸岳登山。

2009.05.02 *Sat
しばらくワンコネタチワワが続きましたが久しぶりに山登りに行ってきました~山と空

なんと5月にして今年初登山
だって忙しくて行くヒマなかったんだもん~
GWは、阿蘇もどこも多そうなので、天草に行ってきました
天草といえば海ですが、山もたくさんあるんですよ~

今回登ったのは、上天草市松島町にある太郎丸岳&次郎丸岳
天草五橋を渡りきり、しばらく行ったところにあります(かなりアバウトな説明)。
地元ではメジャーな山のようで、道路沿いに登山口の看板が立ててあり、
とても分かりやすかったです

jiro1.jpg

市営の立派な無料駐車場がありますので、
こちらに車を停めて準備

jiro3.jpg

この看板には、
太郎丸・次郎丸物語が書いてありました

「当初、兄の太郎丸岳の山の方が高かったが、背が低い弟の次郎丸が、
兄の影のせいできれいな景色を見ることができない、と言ったため
兄が入れ替わって弟にきれいな景色を見せてあげようとしたら、
頂上が崩れてしまい、次郎丸岳の方が高くなってしまった」

ということのようです

準備をして、出発~
登山口の看板が、里道のいたるところに立ててありますので迷う心配なし
というのも、めっちゃ民家の中とかを通るから、
看板ないと絶対分かんないです

jiro2.jpg

途中、農作業をしている方に出会ったり、すごくのどかな雰囲気~
お天気はいいし、気持ちいいですなうふ

jiro17.jpg

<photo blogとなっております
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
COMMENT : 16

Welcome !!



Profile

maho

Author:maho
熊本県在住です。
家族:ダーリンこと旦那さん・おーちゃん・スムチのぽんた
趣味:ダンス(社交ダンス・クラシックバレエ)・カメラ(NikonD50/NikonF50D/OLYMPUS OM-1)・劇団四季観劇・山登り(九州の山に登っています♪)
ウルフルズ(1996年~毎年ライブに行ってました♪)・Macintoshだいすき...etc

*ぽんた*
スムースチワワ・オス 
カラー:ホワイト・ブラック&タン
2006.1.1生まれ。熊本県ネバ星出身。
体重2.0kg。
人が大好き。ごはん大好き。
特技:おまわり・ごろん。自分がリーダーだと思っている(爆)。



★Birthday★

*script by KT*



New comments !



Category



Link



New topics !



Old topics



おたよりはこちらからドウゾ♪

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © Apple★Soul All Rights Reserved.
Font from あくび印 Designed by サリイ  |  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。