This Category : 登山記録(お泊り)

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開聞岳登山・お泊まり編

2009.11.19 *Thu
開聞岳を後にし、もと来た道を戻りました
溝辺鹿児島空港I.C.でおり、霧島方面へ

ここで、パパさんがナビにお宿を目的地登録したんだけど、
ナビが交差点になっても何も言わないし、
あたしが地図で見て確認した道と逆の道に行けと指示する始末・・・
何なんだこのナビ
こんなに信用できないナビも初めてですわ

空港から15分ほどで今日のお宿に到着

kaimon19.jpg

妙見石原荘さんです
ずっと泊まりたいと思っていたお宿で、今回やっとかないましたッ

kaimon20.jpg

スタッフの方が荷物をお部屋まですぐに運んでくださり、
わたしたちはきれいなロビーに通され、
テーブルでウェルカムドリンクをいただきながらチェックイン

kaimon21.jpg

にんじん黒酢ジュース、おいしかった

<photo blogとなっております
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
スポンサーサイト
COMMENT : 10

開聞岳登山・山のぼり編

2009.11.17 *Tue
先日、鳥取の大山に登山に行くと言っておりましたが・・
予定していた日が大荒れの天気という予報のため中止にいたしました
これから寒くなるので、大山はまた来年

旦那さんの両親の還暦祝いを兼ねた登山旅行の予定だったため、
行き先を変更することにしました
ホントは、5年前ほどに還暦だったんですが、
お祝いをしそこねていたので・・・

今回行ってきたのは、
鹿児島県・指宿市の開聞岳です
薩摩富士とも呼ばれる、きれいな円錐形のお山
日本百名山の1つに入っています
標高が1000m未満なんですが、その形の美しさから百名山に選ばれたそうです

朝6時半に実家を出発
パパさんの運転で指宿へ向かいます。
鹿児島市までならともかく、指宿までとなるとけっこうな時間がかかります。

九州自動車道から指宿スカイラインに入り、頴娃I.C.でおります。
その後、池田湖を通り、開聞山麓ふれあい公園
この公園の中に登山者用の駐車場があり、登山口へ歩いていきます。

kaimon1.jpg

登山者名簿に登山開始時間を記帳
すでに5グループほどの方たちが登られていました

6~7分ほど歩いて登山口へ
登山開始ですッ

kaimon2.jpg

kaimon3.jpg

<photo blogとなっております
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>


COMMENT : 10

屋久島トレッキングTOUR★その4

2009.08.17 *Mon
西部林道から戻り、
昨日はロッジ八重岳山荘でくつろぎました
どしゃ降りの雨が降っていて、お風呂に行くのも大変でしたが楽しかった

今朝は7時から朝ごはん

yaku44.jpg

今日は海で遊ぶ予定なのですが、外は雨~さとと-青い傘
でも屋久島は、エリアでお天気がぜんぜん違うので、行ってみるまで分かりません
ということで、一湊に向けて出発

あんなに降っていた雨が、一湊では降ってませんでした砂浜
ダイビングやシュノーケルのツアーで来られている方もたくさんいらっしゃいました。

yaku45.jpg

わたしたちも水着の上からラッシュを着用し、
ポイントへGO頑張るぞ。おーっ。

yaku46.jpg

屋久島の海は、砂浜というより岩場です。
遠浅ではなく、いきなり深くなりますアップロードファイル
あまり泳ぎが得意ではないので、あたしはダーリンが持ってきてくれたうきわ?状のものを使用浮き輪
おかげで楽にシュノーケルできました~
ダイビングは怖くないんだけど、
シュノーケルはなんか怖い・・・かお
きびなご軍団や、大きいお魚などが泳いでましたさとと-さかな

太陽がもっと出ていれば、
海が青くてキラキラしてきれいだったのに~
と、ダーリンは悔しそうでした

シュノーケルを楽しんだわたしたちは、
オナカが減ったのでごはんを食べに

屋久島らしくない?かわいらしいお店
カレー茶房ハイビスカスさん絵文字名を入力してください
日替わりカレー

yaku47.jpg

すごくおいしかったぁ
デザートセットにしました

yaku48.jpg

超おいしかったペコちゃん

その後、おみやげもの屋さんでおみやげを購入
途中、田代海岸などにも立ち寄って、海を眺めたりしつつ

yaku49.jpg

空港へ向かいました
が、
飛行機が1時間ほど遅れるとのこと
関西で大雨が降っていて、全国的にダイヤが乱れているみたいでした。
空港のレストランでフリードリンクを飲みながらしばし待機
あ、ここのフリードリンクのマンゴージュースが濃厚で超うまうまでしたよ

今回は、最大の目的である宮之浦岳に登ることができずに残念でしたが、
その分、時間をかけて屋久島をじっくり味わえた旅になりましたにこ
宮之浦岳、晴れることは10回登って1回あるかないか、らしいし
今度は、お天気の様子を見ながらリベンジしたいと思います

ガイドのなんなんにはお世話になりっぱなしでした手書き風シリーズ矢印上
ガイドさんがいなくても山や森を楽しむことはできるけれど、
自分たちだけで行っていたら
ぜったい分からなかったものを見ることができたり、
教えてもらったりすることで、
その楽しみは何倍にもなると思います

yaku50.jpg

なんなんへ
今回も楽しいガイドをありがとうでした
これまで山に裏切られたことのなかった?ダーリンはかなり悔しかったらしく、
もう行かないなんてすねてるけど
そのうちまた引っ張ってリベンジに行きます
まだまだ太忠岳もモッチョム岳も登りたいし~
奥さま、おいしいケーキを2日間ありがとうございましたきゃー

ずっと運転してくれたHiroshiくんありがとうきゃー
またリベンジしようね

読んでくださったみなさん、ありがとうございました
わたしの写真と文などでは、とうてい屋久島の素晴らしさは伝えきれませんので、
ぜひ、行ってくださいっ
きっと人生変わるはずっキャッ

Photo by mahokissDN
Nikon D50
AF-S DX ED 18~55mm F3.5~5.6G
TOKINA AT-X PRO DXⅡ 12-24mm
プラス 一部なんなんの魚眼&マクロ

お世話になりましたハート

カミヤマレンタカー
登山用品のレンタルとレンタカーをお世話になりました
わがまま放題聞いていただきました
楽しいスタッフの皆さんが出迎えてくれます

ロッジ八重岳山荘 
森の中に建つコテージが野趣満点です
お風呂は岩風呂・桧風呂が日替わりで、五右衛門風呂の家族風呂もあります
裏手には安房川が流れ、カヌーを楽しめます

鹿児島県熊毛郡上屋久町宮之浦ディリー上
0997-42-2552(民宿八重岳さんで予約は受付されます)

美屋久
巨木マニアのなんなんが、楽しく山や森をガイドしてくれます
ホームページは、カメラマンのなんなんが撮った屋久島の美しい自然が満載
見たら屋久島に行きたくなるので注意
COMMENT : 15

屋久島トレッキングTOUR★その3

2009.08.12 *Wed
昨日は、白谷雲水峡を大満喫したわたしたち♪
今日は、昨日に引き続き、なんなんのガイドで西部林道の森へと出かけました

屋久島は世界遺産に登録されています
縄文杉のあるエリアが注目され、有名ですが、
実はこの西部林道も世界遺産エリアで、この森がとても価値あるところだそうです
屋久島で唯一、海岸線から山頂までが世界遺産に登録されているエリアです。

ヤクザル・ヤクジカも多く住み、
特に、無人のこの森で暮らすサルたちの野生の生態は古くから研究の対象となっているそうで、
京都大学霊長類研究所?のサル研の方が調査に来られてるとか。

車を停めて、
道路を歩き出します

yaku29_20090812120323.jpg

おさるさんのグループに遭遇jumee☆monkey3
ちっちゃい赤ちゃんサルもいてかわいかった~

しばらく歩いて、
いよいよ森に入ります
標識とか案内とか何もありません。
かなり秘境っぽいところで、なんなんがいないと絶対に迷いますかお
この森は、昨日見てきた白谷と違い、照葉樹林の森です。

yaku30_20090812120323.jpg

<photo blogとなっております
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
COMMENT : 9

屋久島トレッキングTOUR★その2

2009.08.11 *Tue
夜中、時折雨の降る音が聴こえる中傘
迎えた2日目の朝。

今回、宮之浦岳に登るにあたり、ガイドさんをお願いしましたアップロードファイル
2年前、縄文杉に会いに行った時にお世話になった、
美屋久の皆川さんこと、なんなん
ガイドさんでもあり、素敵な写真を撮られるカメラマンでもあり、多才なお方
年齢がほぼ一緒ということもあって、いろいろお話するのも楽しい♪

2年ぶりに会っても、ぜんぜんそんな気がしなかったなんなん
5時にロッジにお迎えに来てくれました

天気はかなり微妙曇2
とりあえず、登山口までLet's Go頑張るぞ。おーっ。

なんなんの奥さまの運転で、淀川登山口へ。
宿のある宮之浦地区から、登山口まで1時間半ほど
山道をぐねぐね・・・ぜったい酔うので酔いどめを飲みましたよ

山は相変わらずの曇天&ときどき雨。
ほんと、山にはずーっと雲がかかってるんですアップロードファイル
そして淀川登山口到着

車から降りてみると・・・寒いッ絵文字名を入力してください
それもそのはず、登山口ですでに標高1300mだもん
時折激しく降る雨・・・とても登る気がしないアップロードファイル

九州最高峰の宮之浦岳は、
この淀川登山口から登りはじめ、
淀川小屋~花之江河~黒味わかれ~投石平を経由して山頂へ至る、片道約5時間のコース。
わたしたちはさらに、
新高塚小屋に宿泊し、縄文杉~大株歩道~トロッコ道~白谷雲水峡へ下る、
1泊2日の縦走を予定していました。

森の中は、雨が降ってもどしゃ降りでない限り、
木々の恩恵を受け、比較的あまり濡れずに歩くことができますアイコン名を入力してください
宮之浦岳は、2000m近い山なので、
頂上手前の2時間ほどのところは植物が育つことができず、森林限界となっています
さえぎるものがないので、雨が降るとずぶ濡れはおろか、
強風にさらされ、苦行という名にふさわしい山行となりかねませんアップロードファイル

日本百名山を目指して遠方から来られた方の中には、
無理して登山し、展望ものぞめずに山頂のマークだけ撮影して下りられる方もいらっしゃるとか
そんなの、ぜったい楽しくない汗
山登りって、きついだけじゃないからみんな登るんだもん。
さいわい、屋久島までは近いところに住んでいるわたしたち。
今回は潔く断念することにしましたファイト

yaku12_20090811212923.jpg

予定していた2日間、
まだまだみどころがたくさんある屋久島なので飽きることはありません
今日は、白谷雲水峡満喫ツアーに変更っにっこり

<photo blogとなっております今回は長編
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
COMMENT : 12

屋久島トレッキングTOUR★その1

2009.08.10 *Mon
2年ぶりに屋久島へ行ってきました木
メンバーは、わたしとダーリン、
もちろんいつもの登山部・Hiroshiくん&Midoriちゃん夫妻

2年前縄文杉を訪れて以来、
自然のすばらしさに改めて感動し、登山をするようになりました富士山
(前回の縄文杉登山の記事はこちら
今回は、九州最高峰の宮之浦岳を登り、山中で1泊して縦走するのが目的。

!!
今年は異常気象で梅雨も8月まであけず、
あけたかと思えばいきなりの台風襲来アップロードファイル
8月の旅行は天気の心配なんてしなくていいと、何の疑いもしなかったんだけど・・・
前日になって台風がいることを知ってビックリびっくり
飛行機が欠航になるほどの影響はなかったので、予定どおり出発しました。

朝6時に家を出て、高速で鹿児島空港へ
8時半発のJACで25分のフライト飛行機
9時に屋久島空港到着
うーん、飛行機で来ると近いっ

yaku1_20090811163949.jpg

えー、雲で山が見えません
屋久島は、年間かなりの雨が降ります傘
島の東側と西側、海と山ではまったく天気が違います。
今回の滞在中は、そんな屋久島独特の気候が顕著に出てました。

<photo blogとなっております今回は長編
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
COMMENT : 4

英彦山登山・お泊まり編

2008.09.28 *Sun
英彦山を後にして、
今日宿泊予定のお宿温泉へ向かいました

今日は、天ヶ瀬温泉の山荘天水さんに宿泊します
hiko23.jpg

かなり人気のお宿で、12月まで予約でいっぱい
本当は、露天風呂つきのお部屋がよかったんですが空いていませんでしたおちこみ
でも、露天風呂は男女各2つ、
半露天の貸切家族風呂が5つもあるので、十分なんですけどね

到着すると、旅館の方がお出迎えしてくださいました
趣きがあるお庭に癒されますうふ
hiko24.jpg

<photo blogとなっております
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
COMMENT : 0

英彦山登山・山のぼり編

2008.09.27 *Sat
昨年の9月に屋久島に行って以来、プチ登山部を結成している私たち山と空
今年も9月の連休に屋久島に行く予定でしたが、ダーリンの試験の都合で断念
ということで、いつものようにHiroshiくん&Midoriちゃん夫妻と共に、
山登り1泊旅行に行ってきました

今回登った山は、英彦山(ひこさん)。
福岡県田川郡添田町と大分県にまたがる標高1200mの山で、
古来より神聖な山として信仰を集め、山伏の修験道の霊場として有名です。
日本三大修験の山(羽黒山、熊野、英彦山)の1つ

昨日までの雨があがり、すがすがしい晴天
山登りには最高のお天気です。
熊本を朝6時に出発し、
植木IC-杷木ICまで高速にのり、そこから、焼き物で有名な小石原を通り、添田町へ
山あいののどかな風景が広がっていました


8時半すぎ、別所駐車場到着zoomzoom001
まずは、山の中腹500mあたりにある、英彦山神宮奉幣殿まで、石段を登ります
hiko1.jpg

奉幣殿に続く石段の道は趣があって素敵でした
狛犬とか・・
hiko2.jpg

<photo blogとなっております今回はロングコースのため長編
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
COMMENT : 6

縄文杉に会いにいこうTOUR★その3

2007.09.24 *Mon
7時半に起床
昨夜、ありとあらゆる所に湿布を貼って寝たものの、やはり筋肉痛
翌日くるだけ、まだ若いということにしとこう

食堂で朝食をいただいた後、
荷物をまとめ、チェックアウトの準備
今日は12時発の高速船ジェットフォイル・ロケットで鹿児島へ戻り、
鹿児島から高速バスで空港へ、空港から車で帰るというスケジュール

実は、このロッジ八重岳山荘の裏手には宮之浦川が流れています
yaku31.jpg

ハンモックでお昼寝も可能

<photo blogとなっております
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
COMMENT : 6

縄文杉に会いにいこうTOUR★その2

2007.09.23 *Sun
3時15分に起床
朝というか、まだ夜中ですけど・・

身支度を整えて外に出ると、ガイドさんがお迎えにきてくれていました
お世話になるのはアウトドア屋久島ガイドシステムさんです
今日、縄文杉まで私たちを案内してくれるのは、ガイドの皆川さんニックネームなんなんさん

車でまず島むすびさんへ立ち寄り、注文しておいた朝ごはんのお弁当と、
お昼ごはんの登山弁当を受け取ります
登山口まで車で30分ほどかかるので、その間に朝ごはん
台風で崖崩れになった箇所が復旧できていないため、登山口まではバスを乗り継ぎます
早朝4時ですが、バス待ちの人たちがたくさん
今日は3連休の中日で、日帰り登山の人が多いそうです。
ぐねぐね道を40分ほど進み、ようやく荒川登山口へ到着
ここから縄文杉への登山が始まります
トイレは、ここと途中にある休憩所の2ヶ所しかないので、女性は特にこちらですませておかねばなりません

軽く準備運動をして、出発現在時刻6時2分。
yaku16.jpg

今日は登る人たちが多いということで、ガイドのなんなんさんが、
「行きはガンガン進んで帰りはゆっくり」と戦略を発表(笑)

<前回に引き続き、長編photo blogとなっております
<つづきを読んでいただける方は続きを読むからどうぞ♪>
COMMENT : 4

Welcome !!



Profile

maho

Author:maho
熊本県在住です。
家族:ダーリンこと旦那さん・おーちゃん・スムチのぽんた
趣味:ダンス(社交ダンス・クラシックバレエ)・カメラ(NikonD50/NikonF50D/OLYMPUS OM-1)・劇団四季観劇・山登り(九州の山に登っています♪)
ウルフルズ(1996年~毎年ライブに行ってました♪)・Macintoshだいすき...etc

*ぽんた*
スムースチワワ・オス 
カラー:ホワイト・ブラック&タン
2006.1.1生まれ。熊本県ネバ星出身。
体重2.0kg。
人が大好き。ごはん大好き。
特技:おまわり・ごろん。自分がリーダーだと思っている(爆)。



★Birthday★

*script by KT*



New comments !



Category



Link



New topics !



Old topics



おたよりはこちらからドウゾ♪

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © Apple★Soul All Rights Reserved.
Font from あくび印 Designed by サリイ  |  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。